自然と住まい研究所スタッフブログ


by sizentosumai

タグ:引き渡しのその後 ( 3 ) タグの人気記事

社内のお仕事

こんばんは。
営業部 中山(耕)です。

本日は「現場報告」ではなく「施工事例」をHPに追加しました。

ひたちなか市・F様邸

牛久市・N様邸    の2邸です。

是非とも↑をクリックいただき、ご覧いただければと思います。

今から明日の見学会の準備です・・・。

by sizentosumai | 2018-11-09 20:07 | 社内

土浦の家、植栽


皆さんこんにちは
                           
長谷川です。
                             
                        
先日、土浦の平屋の植栽工事を行いました。
                       
☞土浦の家、お引越し
                      
              

a0191732_12405019.jpg

a0191732_12332065.jpg
a0191732_12332048.jpg



植栽は目隠しとなったり、
家の外観を整えたり、
記念樹として家を建てたときや、
お子さんが生まれたときに一緒に植えて成長を楽しんだり、
ただただ眺めたり、、、。
いろいろな楽しみ方がありますね。
                     
           
霜降の候。
今は葉が落ちていますが、
来年の新緑の季節のためにしっかり根付いて欲しいです!
                    
                     
                   
                
                  
長谷川


by sizentosumai | 2018-10-29 13:00

つくばの平屋へ。

皆さんこんにちは。
長谷川です。



先日、お引渡しをした、つくばの家へ行ってまいりました。

                            
前回のブログです。
☛つくばの家 お引き渡し 
                                      
                
a0191732_12335575.jpg
                                                    
a0191732_12330833.jpg

                           

a0191732_12352270.jpg

住む人の個性が家具や、
インテリア、照明などに表れて
完成時とはまた違った発見があります。
                 
                     
        
住宅建築の巨匠吉村順三は
               

「建築家として、もっとも、うれしいときは、建築ができ、そこに人が入って、
そこでいい生活がおこなわれているのを見ることである。
日暮れどき、一軒の家の前を通ったとき、家の中に明るい灯がついて、
一家の楽しそうな生活が感じられるとしたら、
それが建築家にとっては、もっともうれしいときなのではあるまいか。」
                      
と、著書で語っています。

                                  
                                     
   
                        
家が完成した時が一番良い状態ではなく
人が住んで初めて
家の心地よさが表れるような家づくりを目指してゆきたいです。
      
        
                             
                                        
長谷川

つくばの平屋


by sizentosumai | 2018-10-29 12:15